閉じる
閉じる
閉じる
  1. 水分補給でしっとり肌に!
  2. ヒアルロン酸の重要性
  3. 肌荒れの原因は乾燥肌なの?
  4. シミやシワも気になる?
  5. ちゃんとスキンケアしていますか?
閉じる

ゆっぴ―の夜間飛行

水分補給でしっとり肌に!

私の母がさいきん、顔のシミに悩んでいます。

シミが大きさは10円玉ぐらいの大きさが一つ、少し小さいものが何か所かほっぺたに見られます

半年前、母の友人から「シミには発芽玄米が効果がある」と聞いて、すぐに毎食時にできるだけ取り入れてきました。

その効果もあってか、シミはだんだん薄くなっています。

スキンケアを怠ると、どうなるかというと、多くの人は肌が荒れることを頭に思い浮かべると思いますが、正解はまったく別で意外に肌はきれいになるのです。化粧をするということは肌への負担が増えるので、それを使わないようにしてワセリンを塗るのみにするのがもっとも優しいスキンケアだといえます。

コラーゲンの効果は、美肌を得られるという効果ですコラーゲンを摂ることにより体内に存在するコラーゲンの新陳代謝がより潤滑になってお肌のうるおいやハリを得ることができます。

体内でコラーゲン不足があると肌が老いてしまいます。ですから、綺麗な肌をキープするためにもいっぱい自分から摂ってくださいね。

お肌の荒れを防止するためには、顔を洗い終えたら、化粧水等でしっとり感を保ちましょう。何を肌につけるのかは、肌質によっても変わってきますし、体調によっても変わっきますから。

毎日、化粧水や乳液、美容液を使っていくのではなく、肌状態とよく相談をするようにして頂戴。日常的にいろんなしっとり感を保つ商品をつけると、肌本来のしっとり感を保つ機能の低下が始まります。

ニキビが発生すると治癒してもにきびの跡に悩向ことがざらにあるのです。

あなたを悩ますニキビ跡を消すには、赤くなっているニキビ跡にはビタミンC配合の美容液や化粧水が効果的かもしれません。

そして、色素が沈着したニキビの跡にはピーリングをすることをおすすめします。

ドライスキンに悩む方のケア方法としては、化粧水でしっかりとうるおいを与えたあと、必ず乳液をつけてお肌にふたをしてうるおいを逃さないようにします。

また、体の中からも、きっちりと水分を与えることが必要です。なので、トータルで2リッターくらいの水を取り入れるように意識して心がけてくださいね。

しっかりと水分補給としっとり感を保って、肌トラブルを解消しみずみずしいお肌を目指しましょう。

世間には、スキンケアなんて必要ないという人もいます。

スキンケアは全く行わず、肌がもつ本来のしっとり感を保つ力を失わないようにするという理屈です。

でも、メイクをした場合、メイクを落とすためにクレンジングが必要になるのです。

市販のクレンジング剤を使った後、肌に何もせずにいると肌の乾燥が進んでしまいます。
ちょっと試しに肌断食をしてみるのもいいかも知れませんが、自分の肌とよくむき合い、ケアするようにしてあげてね。

毎日しっかり洗っているのに頭皮が痒く、フケが目たつようになったという方はひょっとすると敏感なお肌かも知れません。そんな場合はシャンプーの使用を止めることをお勧めします。

敏感なお肌に適したシャンプーは添加物を使用していない石鹸です。

いらない成分がカットされているので、肌にも髪にも最適で、刺激がほとんどないのです。

肌のお手入れでもっとも大切なことの1つに、洗顔があります。

メイク落としをしっかりしないとカサカサ肌になってしまうかも知れません。

しかし、汚れしっかりと落とすことにこだわりすぎると、必要以上に肌の皮脂を取り除く結果になってしまって、カサカサの肌になってしまいます。

また、適切な洗い方とは自分なりの方法ではなく、クレンジングの正しいやり方を意識するようにしてね。

関連記事

  1. ヒアルロン酸の重要性

  2. シミやシワも気になる?

  3. 肌荒れの原因は乾燥肌なの?

ページ上部へ戻る